漢方薬を使った糖尿病治療。

大切なのは血糖値のコントロール

糖尿病とは血液中の血糖値が高い状態を言いますが、この状態が長く続いてしまうと眼や腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的は血糖値のコントロールをして合併症を防ぐことと言えます。

血糖値をコントロールするには、生活習慣を見直す必要があります。適度な運動をして食生活を見直して一日の摂取カロリーを考えていくことが望ましいと言われています。

糖尿病の治療では血糖値を下げるために薬物療法が用いられることが多くあります。これは、基準値まで血糖値を下げることが目的ですので、その後は血糖値をキープする為の取り組みを行うことが大切なのです。横内醫院では、漢方薬を用いた糖尿病治療で患者様が合併症を発症せず、質の高い日常生活を送れるようにサポートしております。

基準値を下回った人もご相談ください。

ヘモグロビンa1cが7を切った人もご相談ください。

糖尿病を発症して治療した方で、血糖値の基準であるヘモグロビンa1cが7を切ったという事で治療をやめてしまったり、生活習慣を元に戻してしまうという人がいます。糖尿病を一度発症した人は血糖値のコントロールをやめることはできません。油断して気づかぬうちに合併症を引き起こすという事も少なくありませんので、ヘモグロビンa1cが7を切った方でも漢方による糖尿病治療を受けて安心して生活できるようにしましょう。

生活改善

糖尿病の治療に欠かせない生活習慣の見直しですが、その多くは食事と運動による完全に取り組むことで大きな効果が期待できると言われています。

生活改善について

漢方薬の効果を高める

電子機器からは、目に見えない電磁波が放射されています。パワーテストで診断すると電磁波を浴びた身体には「氣の停滞」が起こり、結果としてさまざまな病気を引き起こします。

電磁波について

糖尿病患者様の漢方治療体験談

糖尿病による失明寸前からの回復

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。