患者様中心の医療

癌に対する攻撃を加えるという「攻補兼施」

漢方医学では、人体の正気(病気に対する抵抗力)が不足し、邪気(病気を起こす原因)が正気を上回り、陰陽が失調することで、氣滞、鬱血、痰凝、毒聚して腫瘍になると考えられています。漢方医学では腫瘍を局所的なものではなく、全身的偏向が局部に現れた症状であると認識されているのです。

さらに人間は一人ひとり違うと考え、個々の人体の体調や体質なども考慮し、症状に対する薬を処方します。これに対して西洋医学の基礎は「統計学」、治療方法や薬の処方には、「統計処理」の結果を採用しています。たとえば、一定の確率で効果のあった抗がん剤を癌患者に対する転移予防のために、一律に投与するといった治療を行っています。

しかし人間の一人ひとりの身体は一律に同じではありません。漢方医学では「病気は、病気になる個々の原因があり、その原因を取り除かなければ治らない」と考えます。漢方医学の原則は、人体の抵抗力を強化する一方で、癌に対する攻撃を加えるという、「攻補兼施」なのです。

この前者の働きを持つ漢方薬、つまり免疫力を高める漢方薬は、西洋医学においても免疫能力を改善することが現在では認められています。後者の働きを持つ漢方薬が抗癌漢方薬で、癌遺伝子を修復し、さらなる免疫力を高めます。西洋医学で治らないと宣告された末期癌患者が、漢方薬で癌の進行がとまり、体力が回復するのは、癌遺伝子が正常に修復されるからなのです。

動画のご紹介

西洋医学との違い

人間をすべて同一とみなして、統計学をもとに治療を行う西洋医学に対し、漢方医療では患者様それぞれの体質も考慮し、患者様ご自身の病気を治す力を手助けし、同時に患部に対して効き目のある漢方薬で治療を行います。ただし、西洋医学にも栄養が足りないときに点滴をしたり、貧血を起こしたら輸血をするといったメリットがあるのです。

漢方薬は患者様の抵抗力を補強し、体質も考慮して処方します。
一方、西洋薬は、統計学的に効き目のあるとされた薬が万人に処方されます 。

治療の方法

横内醫院では、主に漢方薬の処方のほか、氣功医でもある横内院長の氣を封じた気功布を身につけていただくことで、体内の氣の流れを整えます。また、現在では電磁波と病気に関する相関関係は西洋医学的には明らかにされていませんが、パワーテストで診断すると電磁波を浴びた身体には「氣の停滞」が起こります。この氣の停滞が、ウイルスや細菌が人体に侵入する原因となり、結果としてさまざまな病気を引き起こします。現在社会で使われる多くの家電製品からは電磁波が発生しているので、横内院長が開発した「電磁波ブロッカー」を携帯することで、自分では防ぎきれない電磁波から身を守ることができます。

漢方薬

気功布

気功布は1枚ずつはがして使用します。

電磁波ブロッカー

電磁波ブロッカーは当院で販売。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。