2人に1人がガンの時代

がんは、日本において昭和56年より死因の第1位となり、現在では、生涯のうちにがんに罹る可能性は、男性の2人に1人、女性の3人に1人と推測され、日本人にとって「国民病」といっても過言ではない状況となっています。

院長の本にも書かれていますが、「癌」は、好きな食品を山ほど食べた人がなる病気だということで、1171年、東軒居士が作った文字です。

国民病と呼ばれるくらいに増加した傾向として、現代の日本人の特徴が出ているのかもしれません。 院長は、がんになる原因を探り、がんと闘う方法、 再発しない生活を患者さんに指導しています。もし、癌になっても、自分自身の治す力を高める生活をしていくことが大切ですよね。

院長の食生活の指導のように牛肉や、牛乳、乳製品を食べずに、毒消しにパセリを食べ有害物質を蓄積させない事。
そして、自己免疫力を低下させない体作りを心がけていきましょう。

薬局 H でした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。