骨粗鬆症予防にミカン

ミカンを良く食べると、骨粗鬆症を予防できるらしいことが果樹研究所の杉浦主任研究員らの研究でわかった。

ミカンを黄色くする色素であるβークリプトキサンチンが骨を増やしたり減少を抑えたりしていると考えられる。

昨年12月20日付米科学誌プロスワンで発表した。

女性が閉経してホルモンのバランスが変わると骨粗鬆症にかかりやすくなる。

一方、杉浦さんらが温州ミカンの産地の1つ、浜松市の三ケ日町地域で行ってきた研究で、ミカンを多く食べている女性は患者が少ない傾向もわかっていた。

そこで、この地域の閉経後の女性212人で、βクリプトキサンチンの血中濃度と骨粗鬆症の関連を調べたところ、ミカンを毎日4個食べることに相当する血中濃度の人は、ミカンを食べない日がある人よりも、骨粗鬆症にかかるリスクが92%低いことがわかった。

果物などに含まれる色素の骨粗鬆症予防効果が明らかになったのは世界で初めて。

「スゴイですね!!」 まあ、この情報も院長からの受け売りなんですが、、、、、、、、、、(笑)

皆さんはミカンを食べ過ぎて手のひらが黄色くなったことはありませんか?

私も食べすぎて黄色くなって、病気かと思ったことがありましたが、それがβクリプトキサチンだったんですね!!

また1つ賢くなってしまって嬉しいです!

しかし、やっかいなことに、3歩、歩くと忘れてしまうんです!!

そこを、院長になおして貰いたいんですが。。。。。。。。。。。。。。

お願いします。。。。

横内醫院の魔女こと秘書でした。。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。