風疹大流行

近頃、新聞やテレビで風疹が大流行しているとよく目にします。

今年に入り、去年の24倍もの人が感染しているとのことです。
その原因は、1979年~1987年生まれの世代が、1994年の日本の予防接種法の改正により予防接種を受けていない人が多いことによるものです。

 


この世代は、“空白の世代”または“谷間世代”と呼ばれ、この世代の女性が結婚、出産時期を向かえる2000年以降に胎児への影響が心配される声も多く聞こえています。

風疹は胎児に影響が出るため、妊娠4週~16週の妊婦が感染した場合、胎児に奇形を起こす事になります。
その影響は感染した時期によって異なりますが、主な障害は先天性心疾患、眼の症状(緑内障、白内障、網膜症など)、聴覚障害があげられます。

20代~30代と妊娠を強く希望世代での大流行により、今会社側が風疹の予防接種を促す取り組みが始まっているようです。
ただ、予防接種も個人によって、身体に合うか合わないかあるので、院長のパワーテストで診てもらうと安心ですよね。

横内医院の患者さんの中にもお子さんやお孫さん、またはご自身がこの世代の方がたくさんいらっしゃいます。
未来に産まれくる新しい命やご家族の健康を守るためにも、風疹だけでなく、ウィルスに対抗できる身体を作ることは大切です。

院長の治療のように、病気になる原因をしっかり把握し、横内医院のお昼ご飯のように、栄養のたくさんつまった美味しい食事を心がけ、ご自身の力で免疫力を高めて、充実した生活を送れるようにしていきましょう。

受付Kでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。