雪は天からの手紙!ありがとう!広田 和子さん!

「癌治療革命の先端 横内醫院」著書の 広田和子さんが1月11日(木)動脈瘤破裂で急逝いたしました。

広田和子さんはライターでもあり、新宿ゴールデン街「花の木」45年のママさんで気さくで知的な女性で 男女の話から、時事問題まで何でも話せるママでした。

お店のカウンターには、余市のニッカウィスキー角ボトルがオブジェのように並び、レトロ感たっぷりの素敵なお店で

常連客も文豪ばかり、まずお別れしたご主人様が、直木賞受賞された佐木隆三氏、野坂昭如氏、大島渚氏、中上健治氏、 私がお店でお会いしたことのある方は、マザーテレサが日本人でたった一人、写真を撮ること許可した沖守弘氏と

井上ひさし氏、劇団民芸の俳優さんや、イラストレーターで有名な方ばかりでした。 まるで文壇Barと言う感じで、私は目をキラキラさせ、ママが焼いてくれるアゴ(トビウオ)を口いっぱいに入れ 焼酎(いも神)をぐいぐい呑み

皆さんのお話が楽しくて、トイレに行くのも我慢していた頃を思い出し

私を活字の魅力に触れさせてくださったのがママでした。

活字を書くのが好きだった私に「書きなさい、横内先生を・・・・・」

「私はもうごめんよ!こんな頑固な人見たことなくて、本が出版できないと気をもんでばかりだったから」と

笑いながら、苦労や楽しいエピソードを話しながら良く呑みました。

そして、私は本を書き始めました。。。。。

お通夜20日でしたが、ママらしい。。。。ウィスキーで献杯。。。。。

あのとき。。。。あのとき。。。。後悔は

私が昨年、「花の木」に無性行きたくて、行きたくて。。。。。何度も行きたくて。。。。。

なぜ?行かなかったのか。。。。。。。

最後にお会いしたのは、5月頃に

当院に膝の治療でいらした時に、待合室で長い時間お話したのが最後でした。

「逢いたかったわ。。。。寂しかったわ。。。。呑みたかったわ。。。。」

お店のドアを開けると、必ず言って下さる。。。。この言葉が温かくて。。。大好きだった。。。。

癌治療革命の先端 花の木 広田和子さん

 

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。