花粉症対策の食材「すりつぶしたいちごが最強」と専門家

そろそろ、花粉が気になる時期になってまいりました。。。。

ヨーグルトがいいとか、しょうがとか、テン茶とか色々ありますが何を試しても駄目だったというかたに今年の対策の朗報です。

。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°

昨年、北九州工業高等専門学校の川原浩治教授(細胞工学)が、いちごに花粉症などのアレルギー症状を抑える成分が含まれていることを突き止めた。

川原教授は、国際特許も出願。国際バイオ展示会でも発表したとのこと。

実験では、人間の血液から採取した細胞の培養液にスギ花粉を入れ、花粉症を発症したモデルとなるヒト細胞を作成し、ニンジン、玉ねぎ、など190種類の食品でサンプルが取られたという。

その結果、いちごの成分であるGAPDH(グリセルアルデヒド3-リン酸デヒドロゲナーゼ)という酵素が作用していることが解明されたのだ。

品種によって抑制効果に違いがあることもわかった。

「とよのか」ではIgE抗体の量が22.3%、「あまおう」は16.7%が減少。

マウス実験では、アトピー性皮膚炎や、鼻炎の症状が1週間過ぎてから改善しそうだ。

ただ、マウスに与えた量は体重60キロのヒトに換算すると、1日にとよのか(1個15gとして)20個を1週間以上食べ続けたことになる。

5年前から花粉症に悩む宮川裕子さんは、いちごでの花粉対策を試した結果を次のように話す。

「すりつぶすということなので、イチゴをミキサーにかけてジュースにしました。

さらに、花粉症にいいヨーグルトを合わせて最強の内容に。

朝晩、このジュースを7日間続けました。

いまのところ、鼻水、鼻ズマリも出ず、いい感じ。

生のイチゴをそのまま毎日とるのは大変ですが、ジュースにすればとても簡単。

今年は、これで乗り切れるかも!!」

。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・°・。・°。☆・

当院も毎年、2月から、花粉症の患者さんが大勢、来院されますが皆さん、耳鼻科で処方される薬で眠くなり仕事も、家事もできなくなるくらい眠いわりには

症状は中々、改善されず、薬はドンドン強くなり、副作用も強くなるで困り果てて当院にいらっしゃいます。

院長は個々にお顔が違うように、症状も違うので、パワーテストで処方される漢方薬も違います。患者さん御本人にピタッと、合ってますので、効かない方はいませんので皆さん改善されます。

イチゴを食べながら横内院長の薬を服用したら治りそうですね(*^ ^* )V!!

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。