膵臓癌の怖さは抗癌剤なのです!!

八千草薫さん、すい臓がんのため死去 88歳 “日本の理想の女性”

八千草薫さん

八千草薫さん【拡大】

“日本の理想の女性”と呼ばれた女優、八千草薫さんがすい臓がんのため死去していたことが28日、分かった。88歳だった。関係者によると24日午前7時45分、東京都内の病院で息を引き取りこの日、荼毘に付された。2017年末にすい臓がんが判明し、18年1月に手術を受けたが、今年に入って転移した肝臓がんが見つかった。治療専念のため入院し復帰を誓っていたが、帰らぬ人となった。

戦後の昭和から平成を駆け抜けた大女優が天国へと旅だった。八千草さんは女優人生のなかで大病をしたことはなかったが、17年末に人間ドックですい臓がんがみつかり、翌年1月にすい臓を全摘出する手術を受けた。その後、2カ月間療養し同3月からドラマの撮影で仕事復帰。抗がん剤治療を受けながら、8、9月には主演舞台「黄昏」も成功させるなど精力的に活動してきた。

少し前にテレビで見た時は、随分と痩せていましたので心配していました。

医師はとことん、抗がん剤をしますので、院長の著書にあるように抗癌剤のやめ時を考えなくてはならないと切実に感じました。

横内醫院では、診察時に患者さんの血液データから、抗癌剤のやめ時を院長がアドヴァイスしますので

「休薬」といって一時的に抗癌剤をお休みするようにおすすめします。

白血球など正常値に戻り、食欲が出るまで待って下さいと主治医に申し出てください。

それでも、主治医が抗癌剤や治験をすすめる場合は、転院された方が賢明です。

主治医の言いなりに治療を続けてはいけないのです。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。