胃がんから腹膜播種

胃がんはわかりやすいタイプとわかりにくいタイプがあります。
患者さんの中には、わかった時には、末期で手の施しようがないと言われ慢性期の病院に行くしかなく
何も治療せず、食事もできなくなり最期を迎えるという方もいます。

なんだか食欲がない!
なんだか喉につっかえる感じがある!
なんだか体重が減ってゆく!
なんだか食べ物が消化していない感じがある!
なんだか胃が重く市販の胃薬を服用しても治らない!

このような症状のまま改善もなく6か月も経過しますと
ガンは妊娠より速いスピードで進行しますので内視鏡検査をすると進行している場合があります。

直ぐに抗癌剤で治療が始まっても、体力も抵抗力も下がっていますので
直ぐに再発をしてしまいます。
そうなる前に横内醫院にご来院してほしいのですが、問い合わせのお電話で「今は抗癌剤で様子を見ているので・・・・」
と、皆さんおっしゃいます。

違うのです!!今なのです!!
早めに、横内漢方を服用するのが一番良いのです。
横内漢方で、免疫力と抵抗力を上げてガンの原因ウィルスを叩いていかなければ
抗癌剤ですべてを失うことになります。
お電話で説明しても「もっと悪くなって、とうとうダメになったらもう一度お電話します。」と
おっしやる身内の方がいますが、とうとう・・というのは
もう何も食べることもできず、死を待つばかりとなる時と言う意味です。
再度、お電話があったときには、水も飲むことがやっとだとなっていますので
横内漢方を服用することが困難になっています。

ここから、院長の気の布だけで3か月余命を伸ばせた胃ガンの患者さんは何人もいましたが
自宅や病院でベッドの上でした。
どうか、皆様、早めの受診をお願いいたします。

20190802

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。