癌を消すための必要な栄養素!!

 

癌になると、周りの方々が心配してくださり、様々な本やサプリメントや代替医療を勧めて下さると患者さんから伺います。

横内醫院に来院時にお持ちいただきパワーテストを希望されるものの中で断トツはフ〇イダン、タ〇ボ茶、〇〇液などですが1か月〇十万もかかるそうです。。。。。。。それらを摂取することで癌が消えたとか治ったとか

まことしやかな話が事実とされているようですが、院長は医師になって47年間、それらのもので治った患者さんは一人も見たことが無いそうです。

私達の生活の中で取り入れられる食事の中にも癌細胞をアポトーシスさせるものはたくさんあるので

ご紹介したいと思います。

「アポトーシス」
アポトーシス、アポプトーシス とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死のこと。ネクローシスの対義語として使われる事が多い。ウィキペディア
① 緑茶
 緑茶に含まれるエピガロカテキンガレードなどカテキン類はDNA分解酵素の活性を高め、癌細胞のDNAを断片化することによって癌細胞をを小さくし、アポトーシスを促す効果あります。
② もずく・ひじき
もずくやひじきにはヌルヌル成分「フコイダン」が含まれています。フコイダンが癌細胞に付着すると癌細胞はアポトーシスを促す効果があります。
③ りんご
りんごにはエピカテキン、プロシアニジン、ケルセチンなど多くのポリフェノールが含まれており、これらを
「りんごポリフェノール」と呼びます。
りんごポリフェノールはずば抜けて強い抗酸化作用があり、中でもプロシアニジンには癌細胞を死滅させるアポトーシスを起こす作用があることがわかっています。
りんごは、放射線を除染するという役割もあり一石二鳥の果物です。
我が家では、りんごは皮付きのまま刻んで、味噌汁に入れりんごの酸味と味噌が良く合いますし、身体を温めてくれます。
院長は青森県出身ですから青森りんごが、ご厚意にて沢山、送って下さるのでスタッフ一同、毎日りんごを頂けますので毎年、誰一人、インフルエンザにもならず元気いっぱいで感謝しかありません。
④マイタケ
マイタケに含まれるDフラクションという多糖体が癌細胞のアポトーシスを起こすといわれています。
水に溶けやすい性質があるため、水洗いせず、調理の際はお鍋やお味噌汁、炊き込みご飯、多糖体は130度以上に加熱されると壊れてしまうので、天ぷらにするときは短時間でサクッと揚げましょう。
だだ、摂取量と吸収率の問題が食事からとる場合それぞれの食材から実際に吸収できるのはごく一部です。
癌の進行を止めることはできません。
特に、食道癌、口腔癌、喉頭癌、胃癌、膵臓癌の場合、食事ができなくなってきますから漢方薬は液体ですので
飲むだけですので負担はかかりません。
 「リンゴ」の画像検索結果

 

 

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。