末期癌!!奇蹟!!

 抗がん剤は、劇薬です。副作用で患者さんが死亡することもある劇薬です。

 抗がん剤は効かない。

 抗がん剤は毒だから、体がボロボロになるだけ。やっても無駄。

 抗がん剤に殺されないようにしましょう。

 これらの主張がメディアをにぎわせていて、抗がん剤=悪の薬のようなレッテルを貼られてしまっています。これらの主張は、一部は正しいのですが、本質をとらえていないというのが、真実だと思います。

 抗がん剤は確かに劇薬であり、使い方を誤ると死に至ることがあります。そのような抗がん剤が承認される理由としては、これらの副作用を超えた利点があるからです。その利点とは、がん細胞を殺すことができるということです。がん細胞を殺し、がんを治したり、より共存できるようにしたりするという利点があるからこそ、抗がん剤が薬剤

として認可を受けているのです。

 抗がん剤の問題点は、抗がん剤そのものにあるのではありません。大変重要な問題は、このような劇薬だからこそ、「誰が?」「どのように使うのか?」ということだと思います。

として認可を受けているのです。

 抗がん剤の問題点は、抗がん剤そのものにあるのではありません。大変重要な問題は、このような劇薬だからこそ、「誰が?」「どのように使うのか?」ということだと思います。

として認可を受けているのです。

しかし、きめ細かい副作用の管理をするためには、専門的な知識・経験が必須です。

 腫瘍内科医(英語ではオンコロジストと言います)の腕の見せどころは、この副作用対策をどれだけしっかりやり、抗がん剤の効果を維持しつつ、患者さんの生活の質(クオリティー・オブ・ライフ QOL)を保つことなのです。

漢方薬は、様々な副作用の症状を緩和する生薬があります。

横内院長は、経験と実績で患者さんの抗癌剤による副作用を緩和し、取り除いています。

抗癌剤の副作用で悩んでいる方はご相談ください。。。。。。。。。。。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。