抗癌剤は増癌剤なんですか??

 

 ☆☆☆☆ 必見 ☆☆☆

抗癌剤をするべきか、しないべきか?? 患者さんが一番悩むところです。。。 今は昔のように、拡

大根治手術をせずに抗癌剤で小さくしてから手術することが多く 抗癌剤⇒手術⇒抗癌剤 というよ

うに 手術後も転移しないように抗癌剤を勧められます。 そこで、患者さん方はどうして?抗癌剤ば

かり勧められるのか? 抗癌剤をやれば完治するのか?と主治医に聞くと? 「治りませんが、転移を

くいとめて、延命します。」 では、抗癌剤をした場合はどれくらい生きられますか? 「3か月から

6か月延びるでしょうが、わかりません。統計的なデーターですから」 このようなやりとりが、ど

この病院でも繰り広げられています。 http://true-health2.com/archives/27

「バカ医者に騙されない健康知識」

アメリカでは日本のようながん治療をしなくなった。抗がん剤や放射線はアメリカでは

使用しなくなった。 「ガン」それは私たち先進国が高い発症率を示し、日本人の3人に1人を死に

追いやる病。そして末期ガン5年後の生存率は極端に低い。これが日本の現状なのだ。 しかし、海外

ではガン治療に新しい風が吹きはじめる。 1985年アメリカ議会でのある証言をきっかけにアメリカ

のガン治療は大きく変わる。 それはガン研究の世界的権威であるアメリカ国立ガン研究所のデビッ

ド所長の口から語られる。 【がんと宣告されたら必見】アメリカでは日本のようながん治療をしな

くなった。抗がん剤や放射線はアメリカでは使用しなくなった。 デビッド所長:抗ガン剤でガンは

治せないというのが最近はっきり分かった。 分子生物学的にみてもそれを理論的に立証してしまっ

たのだ。抗ガン剤を投与してもガン細胞はすぐに反抗ガン剤遺伝子を変化させ抗ガン剤を無力化し

てしまう。それは、害虫が農薬に対して抵抗力を持つのと同じ現象だ。 さらに、抗ガン剤はガンと

戦うリンパ球の製造機能を徹底的に攻撃するため抗ガン剤を投与することでかえってガンを増殖さ

せることが分かった。 この現象を発端としてアメリカでは新たな治療法の取り組みが盛んになっ

た。代替医療法の発展と理解によりガンによる死亡率が減少し日本

とは真逆の道を歩むことになる。

  1988年には国立ガン研究所のガンの病因学という数千ページにおよぶ報告書の中で

抗ガン剤はガンに無力なだけではなく、強い発ガン性があり他の臓器などに新たなガンを発生させ

る造ガン剤でしかない。との報告をした。 また放射線治療は免疫細胞を減少させるため、抗ガン剤

よりも致死率が高いと問題でした。この報道は世界をかけめぐった。 しかし、なぜか日本ではこれ

らの報道はほとんど伝えられることがなかった。 世界のガン治療が大きく代替療法に舵をとり生存

率がどんどん高まるなか、なぜ日本だけが50年遅れといわれる生存率の低いガン治療を続けている

のだろうか。 また、日本の医師の多くがもし自分や家族がガンにかかったとしても抗ガン剤や放射

線治療を行わないと言いきるのはなぜだろうか?

アメリカ議会における国立ガン研究所のデビッタ所長による衝撃的な発言を発端としてアメリカ政府の調査機関であるOTAが調査実験を開始した。
そして1990年OTAは抗ガン剤の有効性を完全に否定する報告書をふまえ、代替医療のほうが末期患者を救っていることを認め代替医療への調査・助成を国立ガン研究所の議会に勧告した。その根拠となったのが、アメリカ東部の20の大学でだいだいてきに行われた抗ガン剤治療の経過調査だった。
実験対象者は第4期を迎えた拝顔患者743名。
その患者を4グループに分け、再発率・再発期間・生存率などのデータが克明に記録された。
その結果、腫瘍を小さくする効果抗腫瘍効果はA20%、B13%、C6%、D9%だった。
複数の抗ガン剤を投与したグループAとグループBが最も多くのガン細胞を退治した。
しかしAとBのグループは抗ガン剤の投与後わずか数週間で死亡するケースが多発。
抗ガン剤投与の副作用はグループCとDの7倍~10倍だった。
また、再発期間はAグループの対象者が一番短くわずか22.7週。5か月。最長でもCグループの31.7週。8か月だった。

つまり実験報告書では抗ガン剤を投与する量と回数が多いほど、生存期間が短くなり再発率が高まることを裏付けた。
これをきっかけにアメリカにおけるガン治療は大きく変わることになる。
そして、アメリカにおける死亡者数が急速に減少しはじめたのだ。
アメリカにおけるガンの利権構造の崩壊だ。
しかし、日本の製薬業界・医師会・厚生労相・政治家・マスコミは沈黙を通した。

アメリカ議会における国立ガン研究所のデビッタ所長による衝撃的な発言を発端としてアメリカ政府の調査機関であるOTAが調査実験を開始した。
そして1990年OTAは抗ガン剤の有効性を完全に否定する報告書をふまえ、代替医療のほうが末期患者を救っていることを認め代替医療への調査・助成を国立ガン研究所の議会に勧告した。その根拠となったのが、アメリカ東部の20の大学でだいだいてきに行われた抗ガン剤治療の経過調査だった。
実験対象者は第4期を迎えた拝顔患者743名。
その患者を4グループに分け、再発率・再発期間・生存率などのデータが克明に記録された。
その結果、腫瘍を小さくする効果抗腫瘍効果はA20%、B13%、C6%、D9%だった。
複数の抗ガン剤を投与したグループAとグループBが最も多くのガン細胞を退治した。
しかしAとBのグループは抗ガン剤の投与後わずか数週間で死亡するケースが多発。
抗ガン剤投与の副作用はグループCとDの7倍~10倍だった。
また、再発期間はAグループの対象者が一番短くわずか22.7週。5か月。最長でもCグループの31.7週。8か月だった。

つまり実験報告書では抗ガン剤を投与する量と回数が多いほど、生存期間が短くなり再発率が高まることを裏付けた。
これをきっかけにアメリカにおけるガン治療は大きく変わることになる。
そして、アメリカにおける死亡者数が急速に減少しはじめたのだ。
アメリカにおけるガンの利権構造の崩壊だ。
しかし、日本の製薬業界・医師会・厚生労相・政治家・マスコミは沈黙を通した。

 

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。