抗癌剤の副作用がこわい!!!

表1:一般的な化学療法による副作用と起こる時期
治療日
1週間以内
1~2週間後
3~4週間後
自分で
わかる
副作用

アレルギー反応、 吐き気、嘔吐(お うと)、 血管痛、発熱、便秘

疲れやすさ、だるさ、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢
口内炎、下痢、食欲不振、胃もたれ
脱毛、皮膚の角化やしみ、手足のしびれ、膀胱(ぼうこう)炎
検査で
わかる
副作用
骨髄抑制(こつずいよくせい:白血球減少、貧血、血小板減少)、肝障害、腎障害
 がん研究振興財団パンフレット「抗がん剤治療を安心して受けるために」より一部改変
感染予防のために
  • 食事、薬の内服、排泄(はいせつ)の前後、外出後、掃除の後、植物やペットに触れた後は、手指用の洗浄剤で丁寧に手洗いをしましょう。
  • 食事や薬の内服の前後、外出後には、うがいをしましょう。口内炎ができたり、口の中がしみるときは、生理食塩水でうがいをしましょう。
  • 歯垢(しこう)、歯石、虫歯は口腔内感染を悪化させてしまうため、必要に応じて、化学療法の前に歯科を受診し、歯の治療をしたり正確な歯磨き方法を身に付けるための練習をしたりすることがあります。また、口内炎ができてしまったら、痛みに応じてやわらかい歯ブラシに変更しましょう。
  • 入浴やシャワーをなるべく毎日行い、清潔な衣服に着替えましょう。
  • 食事はなるべく調理後すぐにとるなど、食中毒対策をとりましょう。また、好中球減少の時期には、加熱処理された食事をとりましょう。
  • できるだけ部屋を清潔にしましょう。好中球減少の時期には、ペットのそばに近づくことや生花を置くことは避けましょう。
  • 外出時にはマスクを着用し、人の多い場所への外出や買い物はなるべく避けましょう。
  • 感染の予防や治療のために、医師の指示どおりに抗生物質や抗真菌剤、抗ウイルス剤を内服しましょう。
  • インフルエンザワクチンは、毎年の接種が推奨されています。アレルギーなどで接種できない場合を除き、家族全員で接種して予防しましょう。ほかのワクチンについても、担当医に相談しましょう。
  • 感染の兆候を知るために、毎日体温を測りましょう。急に熱が出たときには担当医に連絡しましょう。
  • 抗がん剤と言っても何種類もあり、発現する副作用にも特徴があります。手足のしびれが発現する抗がん剤は、タキサン系製剤(パクリタキセル・ドセタキセルなど)、ビンカアルカロイド製剤(ビンクリスチンなど)、白金製剤(シスプラチン・カルボプラチンなど)で、乳房・大腸・直腸の抗がん剤治療で頻用されているということだと思います。
  • 上記内容の諸注意事項を主治医から抗癌剤前に説明を受けます。
  • ☆ 患者さんの中には、抗癌剤への恐怖心から、絶対にやりたくない!!!!!
  • ☆ 横内漢方オンリーで治してほしい!!!!!
  • ☆ 病院に行くたびに「余命宣告を受ける」のが耐えられない!!!!!
  • ☆ 抗癌剤を拒否したら、緩和ケアに行くようにといわれた!!!!!

横内院長の提案は、抗癌剤は16%~18%の効果が期待できるので、最初からチャンスを逃すよりも

抗癌剤を1クール教科書通りするのではなく、1度試してみて癌が小さくなる場合もありますから、部位によっては

手術できる症例もあるので、副作用が軽減されるように、漢方薬で免疫力、抵抗力を補いながら

抗癌剤を試してみることをお勧めしています。

漢方薬には、抗癌剤の副作用を取る生薬がたくさんありますから、患者さんは皆さん、横内院長に相談しながら

抗癌剤を試していますので、抗癌剤をする前から横内漢方を服用している患者さんはとてもお元気で過ごしています。

 

三大治療をされ、抗癌剤を長期間されて、初診で来院された患者さんには、苦しまれている副作用に合った漢方薬を

パワーテストにて選択し、癌をたたく漢方薬と副作用を軽減する漢方薬と免疫力を上げていく漢方薬を処方します。

漢方薬は痛んだところに優しく効いていきますからしびれや味覚障害などドンドン軽減され砂を噛むような食事も美味しくなり、顔色も良くなり、体重も戻って毎月ドンドンお元気になられ、私達もご来院される日を楽しみに待ってしまいます。

抗癌剤の副作用で苦しんでる方は、是非 ☆横内漢方☆ をお試しください。

横内院長は、抗癌剤のやめ時も著書に書いていますので、ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 当院のご案内

    東京都中野区東中野4-4-1
    ポレポレ坐ビル3階

    診療時間

    平日 午前10:00~12:30
       午後14:00~16:00
    土曜 午前 9:30~12:00

    休診日

    日曜日・祝日

    電話番号

    03-5386-0205

    当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

    診察内容のご案内

    横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

    横内醫院について

    院長について

    スタッフブログ

    お手紙紹介

    癌に関する情報ページ

    横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
    当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。