尿 1 滴で早期がんを診断!

みなさんこんにちは。
暖かい日が続いて春ももうすぐですね!
今週中には桜の開花宣言も出されそうですね。

先日、発表されたこのニュース!
ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

20150213103401

がんは長年の間、日本人の死因第 1 位であり、医療費や早期死亡による経済的影響は数兆円(世 界では 100 兆円)にも上ります。がんの解決には早期発見が最も有効であり、手軽に安価に高精度 に早期がんを診断できる技術が期待されています。
九州大学大学院の研究グループは、がんの匂いに注目し、線虫が尿によって高精度にがんの有無を識 別することができることをつきとめました。この技術(n-nose)が実用化されれば、尿 1 滴でさま ざまな早期がんを短時間に安価に(数百円)高精度に(約 95%)検出できるようになることが期待できるそうです!

がんによる死亡者数は全世界で年間 820万人(2012年)、2030 年には 1300 万人に増加すると言われ ています(WHO)。また医療費や早期死亡、障害における経済的影響は 100兆円にも上ると報告されて います。我が国ではがんの影響はより深刻であり、1981 年から死因第 1位で、2人に 1人ががんを経験し、3人に 1 人ががんにより死亡しています。がんの医療費は年間 3.6 兆円(2011年) にも上り、がんによる経済的損失、社会的損失は莫大なものです。

がんによる死亡を防ぐ最も有効な手段は、早期発見・早期治療です。しかし、我が国のがん検診受診 率は約 30%にとどまっています。
その理由としては、「面倒である(医療機関に行く必要がある)」、「費 用が高い」、「痛みを伴う」、「診断まで時間がかかる」、「がん種ごとに異なる検査を受ける必要がある」 などが挙げられます。
また、複数のがん種について調べられる検査として腫瘍マーカーが知られていま すが、高価で、早期がんについては精度が低いなどの欠点があります。そこで、手軽に安価に高精度に 全てのがんを早期に診断できる、がんスクリーニング技術の開発が望まれていました。
がん患者には特有の匂いがあることが臨床現場では知られています。

そ こで研究グループは、線虫 C. elegans に着目しました。
線 虫は、嗅覚受容体を約 1200 種(犬と同等)有する嗅覚の優れた生物であり、匂いに対する反応も容易に調べることができます。
その上、飼育も容易であり、様々な実験技術が開 発されています。
研究グループはまず、がん細胞の培養液 に対する線虫の反応を調べました。
すると がん細胞の培養液に誘引行動を示すこ とがわかりました。

この誘引行動は、 正常細胞の培養液に対しては見られないこ と、嗅覚異常の変異体では見られないこと から、がん細胞に特有の分泌物の匂いに対 して線虫が反応していると考えられました。
また、がん患者のがん組織と正常組織では、 がん組織の方を好むことがわかりました。

 

150313_img1_w500

次に、人間由来の試料に対する線虫の反応を調べました。血液等に比べ、尿で診断することができれ ば最も簡便であることから、研究グループは尿に注目しました。がん患者の尿 20検体、健常者の尿 10検体について線虫の反応を調べたところ、全てのがん患者の尿には誘引行動を、反対に全ての健常者の 尿には忌避行動を示すことがわかったそうです。

 

150313_img2_w500

ステージ 1の早期がんにも反応したことから、早 期がんを発見できる可能性も示唆されました。
線虫の嗅覚を用いたがん診断テスト精度はの感度(がん患者をがんと診断できる確率) は 95.8%、特異度(健常者を健常者と診断できる確率)は 95.0%であり、同じ被 験者について同時に検査した他の腫瘍マーカーに比べ、感度は 圧倒的でした。

九州大学のプレスリリースより⇒http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_03_12.pdf#search=%27%E7%B7%9A%E8%99%AB+%E3%81%8C%E3%82%93%27

このような研究が進められているのは本当に嬉しいですね。
18年に実用化できることを目指しているそうです。

1日でも早く検査が手軽になるといいですね。

診察室Kでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。