ストーマについて考える!

こんにちわ\(^o^)/

大寒波で世界的に大変ですが、全国の皆様、インフルエンザが蔓延していますので

どうか、くれぐれも手洗い&うがいを励行してくださいませ!

院長は、毎日ガンガン漢方薬を服用していますので、どんなウィルスも跳ね返しています。(笑)

 

日本が欧米化してから大腸癌が右肩上がりに増加しています。

世界3位内に入ってしまうほど増えています。

当院も大腸癌、直腸癌、S字結腸など肺癌と同じくらい患者数は増加しています。

この癌の特徴は、なかなか、気が付かず、出血していても痔かもしれないとおもいこんでしまいます。

特に、便秘と下痢を繰り返す方などは、非常にわかりにくいです。

半年毎に、大腸カメラ検査を行う人はどれくらいいるでしょうか?

前処置もありますから、お仕事が多忙な方は、オプションではつけない検査だと聞きます。

検便で要検査となっても、大腸カメラはしない人が多いみたいです。

よって、気が付いた時には、癌が腸を塞ぎ、腸閉塞になり救急車で運ばれ手術になり人工肛門となるケースが多いです。

患者さんご本人は「計り知れないくらいのダメージで生活するのか・・・」と落ち込みますが

決して、マイナスなことばかりではありません。

年齢を重ね、要介護になった時に、家族や介護する方々に感謝されることになります。

それは、おむつをしなくて済むからです。

患者さんご本人も非常に楽とおっしゃってます。

パウチを取り換えるのも慣れてしまえば簡単です。

電車の中で、お腹がゴロゴロしても心配ありません。

落ち込むより、プラス思考で考えることが大切です。

病状によりますが、時間の経過で、人工肛門を外せる方もいらっしゃるので

手術前に、主治医と良く話し合ってくださいね!

ストーマ

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や糖尿病、膠原病治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。