「先生」と呼ばれる資格

昨日のブログはニーチェの哲学的な素晴らしい言葉を載せましたが、今日は悲しい現実の話題です。

昨年の年末から、国家公務員だけでなく、地方公務員の退職金が減額され、警察官や教師の駆け込み退職が増えていると言う、悲しくなるニュースが流れています。
長年、生徒を指導してきた教師が、 少しでも多く退職金をもらいたいからと途中で辞めたら、子供たちは、教師から何を学べばよいのでしょうか?

院長は、この問題に本当に憤りを感じていて、

「教師の妻も、自分の夫がそんな行動を取ったら恥ずかしいとは思わない。日本人がここまで落ちてしまった。。」と、悲しんでいます。

150万円減額と報道されていますが、実際は退職金の差額(3月末までの給与を差し引 いた額)が数百万の退職金のうち、数十万の金額の為の駆け込み退職です。

数十万円で少々、今後の生活が潤うのならば、子供達に嫌な背中を見せてもいいということですよね。
クラス担任や、受験生の担任の先生も、大切な時期なのに退職したとは本当に信じられません。受験、卒業を控えた大切な残り3カ月を前にしてのこの悲しい行動をみて、これまで慕っていた生徒達はどんな想いでいるか、想像に難くありませんよね。

院長は、「こんな教師が増えているから、教育が荒廃し教科書的な知識ばかりで倫理観のない子供が増えてしまう。」 と怒っています。
また、保護者のモラルも低下してる為に、給食費の未払いも増えています。
文部科学省の発表では、小中学校の給食費の滞納額は年間26億円だそうです。
凄く大きな金額ですよね。。。
栄養を考えた給食を食べておきながら、支払う余裕があるのに支払わない保護者が多いことに、院長は、「日本人が日本人ではなくなってしまった」と話しています。

院長は、
「先生とよばれる人は生徒にものを教える職業で、医師も患者である生徒に病気の原因や治し方を教えるから先生と呼ばれる」と話しています。

院長こそ素晴らしい先生ですよね。

その院長から、毎日、病気の事、社会情勢、道徳的な事、芸術や音楽、感性における様々な事を教えて頂いて勉強させて頂いています!日々、学びとった事を患者さんに還元できるように、頑張ります!

 

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。