「ときどき朝食」の罠

朝食を食べたり食べな かったりする人は、毎日食べる人より メ タボ リックシンドローム( 内臓脂肪症候群 )になるリスクが女性で4倍以上、男性では2倍近く高くなる

との調査結果が、 東京慈恵会医大 の和田高士教授がまとめ、 14日の日本内科学会で発表されました。

2004年から09年までに人間ドック を受けた人の記録を調べ、腹囲は女性90セン チ、男性85センチを基準とし、脂質、 血圧、血糖値を調べて診断。

初回は基準を超えていなかった30歳から59歳の男女6104人について、その後 メタボ になったかどうかを1週間のうちに朝食を食べる 回数別に分析したそうです。
その結果、男女とも「週2日」の人が最もリスクが高く、ほぼ毎日食べる人 と比べて女性では4・5倍、男性では1・9倍だったそうです。

メ タボ リックシンドロームの基準や取り決めは、医学的にみて、まだまだ検討中ですが、人間は空腹になると、脳がエネルギーをためようとして次に摂った食事が脂肪に変りやすく太りやすくなるのは事実です。

今、痩せている女性でも内臓脂肪が多い「隠れ肥満」もこの原理です。

生活リズムを整えて毎日、きちんと食べた方が健康的で太らないということですね。

そして、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えれば必然的に内臓脂肪も減ってきます。
院長は移動は常に大股で早歩きですし
ヨコウチジムで運動も積極的にそして継続して(←ここが重要だと思います)
しますので、美味しいものを食べても体はいつも若々しく引き締まっています!

運動するには爽やかで気持ちのいい季節です。
水分をしっかり取って老廃物を流してメタボを撲滅しましょう!

婦長でした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。