関東の梅雨入り・梅雨明け

この週末はお天気に恵まれましたが、もうすぐ、梅雨の季節がやってきますね。

 

さて、2015年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期はどうなっているのでしょう?

 

昨年の梅雨時期の雨量は、全国平均でした。

 

今年の梅雨は…!?

 

images

実は気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれている通り、梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではないのだそうです。

比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで移り変わりの時期が5日間程度あります。

5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。

 

梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、1週間後までの中期予報を組み合わせて決めているのだそうです。
晴れが続いている日(初夏)から、今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想(中期予報)を出し、実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。

 

雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。

 

気象庁の1951年から2014年までの梅雨入り時期のデータを見ると

最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。

何と一ヶ月半の開きがあります!

 

1951年から2014年までの64年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。

 

若干ですが関東の梅雨入り時期は早くなっている傾向が見て取れます。

 

そして、一昨年(2013年)は6月10日、昨年(2014年)は6月5日が梅雨入りということなので、

これらのデータから予想すると2015年の関東の梅雨入りは6月4日頃から6月11日頃の間ではないかと思われます。

一方、関東の梅雨明け時期ですが、梅雨入りと同様に考えてみますと、最も早い梅雨明けは2001年の7月1日頃で、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。

 

64年間の関東の梅雨明けの平均値を見てみると7月21日頃となっています。

また、若干ですが関東の梅雨明け時期は遅くなっている傾向が見て取れます。

梅雨入りが早まり、梅雨明けが遅くなっているため、関東の梅雨は長期化している傾向があるようです。

さらに、一昨年(2013年)は7月6日、昨年(2014年)は7月21日が梅雨明けということなので、これらのデータから予想すると2015年の関東の梅雨明け時期は7月15日頃から7月23日頃の間と考えられます。

 

yjimage

 

関東の梅雨の特徴といえばジメジメと降り続く一般的な雨模様です。

過去の例を見ても、九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、

天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。
しかし、梅雨時期は、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、

降ったり止んだりということはあまりないようです。

 

カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!

 

受付Tでした☆

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。