貴婦人と一角獣展

フランスの国立クリュニー中世美術館所蔵の「貴婦人と一角獣」を見に行ってきました。

連作タピスリーは、西暦1500年頃の制作とされています。
1500年ころというと、イタリアではレオナルド・ダ・ヴィンチが活躍し、スペインではコロンブスがアメリカ大陸を「発見」したあと、日本では、室町時代にあたります。

このタピスリーがつくられたフランスではジャンヌ・ダルクが活躍した百年戦争がやっとおわってしばらくたったころ。まだ、中世の文化の香りが残っており、このタピスリーも、その傾向が顕著です。

 

タピスリーとは、壁掛けなど室内を飾るための織物で、この連作も壁にかけられて展示されています。

この作品が6面すべて来日するということは、とてもすごいことで、この作品が前回フランスの外を出たのは1974年、アメリカにあるメトロポリタン美術館での展覧会のときだけだというのです。

千花文様(ミルフルール)が目にも鮮やかな大作のうち5面は、「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」と人間の五感を表わしていますが、

残る1面「我が唯一の望み」が何を意味するかについては、愛知性  結婚  第六感  諸説 あり、いまだ謎に包まれています。

タピスリーに対面し、その描写の繊細さに心うたれました。

貴婦人の髪の毛の一筋さえも織り出す技術に驚かされます。

また、ドレスの光沢、一角獣や獅子のつややかな毛並みまでもが、驚くほど繊細に織り出されているのです。

これが、描かれたものならともかく、織られたものであることを考えれば、どれほど精巧な作品かわかっていただけると思います。

ミル・フルールと呼ばれるたくさんの草花、うさぎや鳥、猿や犬といった動物たち、どれをとっても装飾的でありながらいきいきしていて、時間をたつのも忘れてみいってしまいます。

そしてなにより、貴婦人の優雅さ、美しさ。全長22m、6面のタピスリーを織るのに、どれだけの時間とどれだけの人手がかかったことか…。

徹底した、揺らぎのない美意識に貫かれていることが、実感されます。

院長も、美術や絵画が好きで、院内には、レオナルドダビンチ、横山大観、葛飾北斎、ミレーなどなど展示してます。

 

 

 

 

 

院長が毎日チョキチョキと新聞を切り抜いて、私たちに色々な情報を教えてくださり、そろそろ横山大観展が横浜美術館で開かれるそうです。

横山大観の絵は診察室にあります。診察室のどこかは・・・ぜひ探してみてください(笑)

そして横内醫院はちょっとした美術館、横内美術館ですので、ご来院の際は、是非ご覧になって下さい。

薬局 Hでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。