衣替え☆

今日から6月ですね。

6月1日といえば、衣替えですね。

衣替え①

暑い日が続いているのでもう既に夏服を着てしまっていると思いますが。。

衣替えとは、季節の移り変わりに応じて着る衣服を変えたり、そのために衣服の収納場所を入れ替えたりする習慣の事です。

学生服や企業の制服などは夏服、冬服の2種類がある場合が多く、一般的には6月と10月の衣替えの日を境に、6月1日から9月30日までを夏服で、10月1日から翌年の5月31日までを冬服で過ごします。

日本の5月から6月にかけてのこの時期は、気温の上昇と共に湿気も高くなり、春から夏へと季節が移り変わる時期です。

寒い冬の間着ていた長袖や厚手の衣類は着なくなり、代わりに半袖や薄手の衣類を頻繁に着るようになります。

これは、季節の変化がはっきりとしている日本で、それぞれの季節をより快適に過ごすための知恵ではないかと思います。

衣替えは平安時代に始まった習慣だと言われています。

その当時の宮中では、夏装束と冬装束が定められていて、中国の風習に倣って1年に2回、4月1日と10月1日(旧暦)に着替えをする事が決められていました。

この着替えの習慣を、当時は「更衣(こうい)」と呼んだそうです。

平安時代の中頃には、更衣は宮中の年中行事の1つとして定着していた、と考えられています。

この頃の更衣の習慣は、衣服の着替えだけでなく小物類にまで及んでいたらしく、当時の貴婦人であった女房が手に持つ扇についても、冬は桧扇(ひおうぎ)と呼ばれるヒノキでできた扇、夏は蝙蝠(かわほり)と呼ばれる紙と竹でできた扇を持つ事が、定められていたようです。

鎌倉時代になるとこの風潮が更に加速し、遂には衣服だけでなく家具や調度品まで取り替えるようになっていった、と言われています。

江戸時代には武家の制服として、4月1日から5月4日までと、9月1日から9月8日までは袷(あわせ)と呼ばれる裏地の付いた着物を、5月5日から8月末までは、麻で仕立てた帷子(かたびら)と呼ばれる裏地の付いていない薄手の着物を、9月9日から3月末日までは綿入れ(わたいれ)と呼ばれる、表布と裏布の間に綿を入れた着物を着用するといった、年に4回もの「更衣」が細かく定められていました。

武家の服装が細かく定められていた事によって、この時代の一般庶民もこれに従うようになりましたが、「更衣(こうい)」という呼び方が、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名と同じだった事から、民間ではこうした着替えの習慣を「更衣(こうい)」と言わず、「衣替え(ころもがえ)」と呼ぶようになったそうです。

明治に入ると、官公庁や銀行などで働く人達(今で言うと国家公務員に当たる人達)の制服に夏服と冬服が定められました。

そして、太陽暦が採用されるようになった後も、旧暦の日付けをそのまま移行して、6月1日と10月1日に衣替えをするようになり、やがてこれが学生服に及び、更に一般の人達にも定着して行った、と考えられています。

衣替え②

現在では、衣替えの風習は以前ほど厳密なものではなくなっていますが、制服を着用する学校や銀行などの企業では、今もこの日に衣替えが行われているところが多いようです。

また、和服を着る人達の間では衣替えが重要なしきたりとして残っていて、6月から9月までは単衣(ひとえ)と呼ばれる、表布や裏布といった、布地を重ね合わせて作ったものでは無い一枚仕立ての着物を、10月から5月までは袷(あわせ)と呼ばれる裏地の付いた着物を着る、という決まり事があるそうです。

衣替えという風習は、今ではすっかり形式的なものになってしまったような気がします。中には、面倒だから衣替えなど全くしない、という人もいるのではないでしょうか。

ですが、衣替えをする事によって四季の移り変わりをより身近に感じたり、本格的な暑さや寒さを迎える前に、心と体の準備をするという意味でも、衣替えという習慣はとても大切な事のように思います。

連日夏日の暑い日が続いていますが、水分補給などこまめにして体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。