狙い撃ち!ナノファイバーメッシュ

患部に貼ることでがん細胞を死滅させる効果がある不織布、「ナノファイバーメッシュ」を、

物質・材料研究機構の 荏原充宏主任研究員らが開発しました。

 

不織布の超微細な繊維(ナノファイバー)には、交流磁場をかけることで発熱する微粒子(磁性ナノ粒子)、および抗がん剤が含まれ、発熱したナ ノファイバーが縮むことで抗がん剤を放出します。

がん細胞が熱に弱いことを利用した温 熱療法と抗がん剤を使った化学療法を同時に行う“ダブル療法”として注目されています。

 

研究者らは、皮膚がんの一種の悪性黒色腫の細胞を入れた皿に不織布を乗せ、培 養3日目に磁場を5分間かけたところ、翌日にはがん細胞が7割近く死滅し、さらに5分 間磁場をかけると、翌日(培養5日目)には8割近くのがん細胞が死滅したそうです。

磁性ナノ粒子だ けを入れた不織布や抗がん剤だけを投与した場合に比べ、より多くのがん細胞が死滅。

 

また、がん細胞を染色 することで、磁性ナノ粒子と抗がん剤を含む不織布を乗せて磁場をかけた時に、効果的にがん細胞を死滅させることも確認されました。

悪性黒色腫は悪性度が高い難しい癌の一つです。

ナノレベルの科学技術が進んで治療法が選択出来るようになるのは嬉しいことです。

横内医院の患者さんはお気づきだと思いますが、院長は何年も前から、「ナノ」 に注目しています。

ブログでも度々登場する 「ナノバブル水」 「ナノ水素水」 など、浸透率や吸収率が格段に違います!!

ナノレベルの治療が進むと、日頃から院長が話している、患部にだけ抗がん剤が必要なのに、全身にまわってしまうことで、免疫力が落ちてしまう副作用を最小限に抑えることができますよね。

今後は、手術後の再発防止への使用や、抗がん剤や磁性ナノ粒子以外の薬物との併 用、さらには体内に残せるような生分解性の性質を加えるなど、より機能的な不織布の開発などしていくそうです。

皮膚がんだけでなく、食道がんや、子宮がんなど効果が期待されているそうです。

ただ、いろいろな治療をしても何故ガンになったのか、その原因を探り生活を改善しないとまたガンになってしまいます。

その証明に院長の指導を守っている方は、本当にハツラツとしてお元気に過ごされています。

イチバンの証明はエネルギー溢れている院長ですよね!

昨日も診察を受けて患者さんが、「先生のお顔見て元気になりました!」とお話されていました。

院長のお話される「顔施」 です。

私達も、院長のように 「顔施」 で横内医院に来院される患者さんをお迎えします(*´∇`*)!

婦長でした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。