明日は・・・節分

こんにちは。
先週末は全国的に雪が降り、都内でも少し積もるなど、とても寒い日々でしたね!!
皆さん、体調を崩されていませんか?

 

昨日から2月に入りました(・∀・)
2月と言えば、明日2月3日は節分です!!

 

節分とは、「季節を分ける」と言う意味であり本来は「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいます。
しかし、春を迎えることが新しい年を迎えることでもあり、最も重要とされていたため室町時代あたりから立春の前日だけをさすようになりました。

 

豆まき

昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。
中でも重要なのは、年の分かれ目です。
旧暦では新年が春から始まるため、立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な節目と考えられていました。

古代中国では、大晦日に「追儺(ついな)」という邪気祓いの行事がありました。
これは、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事です。
これが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられ、その行事のひとつ「豆打ち」の名残が「豆まき」として、江戸時代に庶民の間に広がったようです。
また、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。
昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じることを意味しています。

このように、新年を幸多き年にするために、災いをもたらす鬼を追い払う節分行事が定着して来たようです。

 

また、節分の風習にはヒイラギの小枝にいわしの頭をさして門口に飾っておく「柊鰯」という習わしがあります。

実は、一番古い風習で、平安時代からあったとされています。

もともとは節分の魔除けとして柊鰯が使われていたようです。

 

柊ge

 

節分と聞いて、恵方巻きを思い浮かべる方も多くいると思います。

 

恵方巻きは、福を願い、商売繁盛するために、その年の恵方を向いて、巻寿司を丸かぶりすると、その1年間に必ず良いことがあると言われています॰*✩

 

ちなみに、今年の恵方は西南西です!

 

恵方とはその年の歳徳神がいる方角の事です。縁を切らない為に、包丁では切らず丸ごと食べるのが良いそうです。

切らずに黙々と食べると苦しくなったり、むせてしまいがちですので気をつけて下さいね(⁎˃ᴗ˂⁎)!

 

恵方巻き

 

ついつい大人になるとやらなくなってしまいがちだと思いますが、童心に返って明日は豆まきを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

また、明日は各地の神社で豆巻きをする所も多くあります。

福を貰いに行く方は、まだまだ寒いので暖かくしてお出かけ下さいね!!

 

受付Kでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。