日本のエゾシカが宇宙食に

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する日本人飛行士の食事として、北海道産のエゾシカ肉の料理が8月、無人ロケットで運ばれることが決まりました!

農業や森林に被害をもたらすエゾシカの増加を防ぐため、環境省が世界自然遺産・知床で今冬に捕獲した個体の肉を活用したものだそうです。

日本の宇宙飛行士の食事メニューは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が栄養管理する「認証宇宙食」のほか、宇宙飛行士が好物としてリクエストする「ボーナス食」!! があり、

エゾシカ肉は若田光一さんからの要望だそうです。

料理は「知床産エゾシカのしゃぶしゃぶごま風味」。

無重力の宇宙では、湯に肉をくぐらせることができないため、加熱処理した肉を氷点下30度で凍結乾燥(フリーズドライ)させ、解凍して食べられるよう工夫したそうです。地元の「知床エゾシカファーム」が衛生的に処理し、食品会社が製造しました。

8月4日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げる無人補給機「こうのとり4号機」で、地球を周回中のISに届けられる予定です。「知床産の エゾシカ肉はNASA(米航空宇宙局)の厳しい衛生基準もクリアし他国の飛行士の話題にもなるのでは」と素材の良さに期待がかかっています。

この情報は、院長が毎朝新聞を読み、チョキチョキと切り抜き、スタッフに教えて下さった記事です。

この記事を書いた人は院長のお知り合いの方で度々ブログにも登場する、根室の本間浩明さんです。

毎月、税理士から貰うビジネスニュースがあります。

今月は、「夢に向かう道程」

思いの強さがあれば、後は努力をするかしないかに尽きる。

焦らずに「いつでも今日がスタート」と思って、またゼロから進んでいけばいい。

三浦雄一郎

という言葉が、記載されています。

先日、三浦雄一郎さんは、青森市から名誉市民特別功労賞が贈られたそうです。

三浦雄一郎さんも院長も、まったく年齢を感じさせず、常にエネルギッシュです。!!

そして、あきらめずに日々、努力なさっている姿は、尊敬・尊敬です。

院長も「自分で決めた事は、必ずやる!」 自分に厳しい院長です。

受付 Hでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。