抗癌剤を使わず、横内醫院で乳癌を治療(乳癌:女性)

盛开的花朵

平成21年6月初めに、左胸がやたらに大きくなって心配になり、すぐに大学病院で診て頂 きました。すると、「乳癌だと思います。こんなに大きくなるまで、分からなかったんですか?」といわれました。ステージ4でした。義理の妹が胃癌で亡く なったばかりだったので、抗癌剤の辛さは、よく解かっていました。

私は、その2年位前からうつ病がひどくなり、2008年の6月には入院するほどでした。心が生きる力を失っている時に、乳癌の手術をし、抗癌剤を使 うなら完全に私は死んでしまうと思いました。しかし、たまたま知人から横内先生のことを教えて頂き、本を2冊送って頂きました。大学病院の検査をすると同 時進行で、大急ぎで「究極の癌治療」と「末期癌の治療承ります」を食い入るように読みました。

私は、例えば気などの目に見えないものもあると思っていましたし、パワーテストでの診察検査が気に入ってすごく安心できました。パワーテストは、絶 対といえるほど信頼できると思えました。それに、横内先生の人となりが、とても優しく患者の立場に立って診ることができ、愛のあるお医者さんに患えまし た。人を癒す人は、愛のない人では、信頼できないと思います。2日間で2冊を読み終えて、すぐに横内医院に電話し、予約をさせて頂きました。

東京など行ったこともなく、うつ病も残っていたので、頭ももうろうとしている状態でした。しかし、主人が「一緒に行くから安心して行こう」と言って くれました。大学病院の先生には、「本当に漢方で、癌が治ると思ってるんですか!? そんないい加減なことをいって!!」と怒られましたが、「どんなにい われても東京へ行こう。横内先生に診て頂こう」と思っていましたので、心は動きませんでした。それは、大学病院の先生も分かったようでした。

2009年6月15日に初めて診察して頂き、診断結果は「乳癌です」と、はっきりと言われました。大学病院でも「乳癌です」と言われていたのです が、横内先生に言われた時のほうが、真実味がありました。横内醫院では、月に1度診察して頂き、私用のオリジナルの薬を作って頂いて、毎日欠かさず飲みま した。

7月の診察では、癌の活動「あり」でしたが8月20には、癌の活動がなくなっていました。漢方薬ってすごいと思いました。しかし診察して、3、4日 は安心していられるのですが、1週間もすると癌が動き出すのではないかと、不安で不安でたまりませんでした。そんな時は、先生の声が聞きたくなりました。

先生の診察が終わる頃に電話しました。すると先生は、ゆっくりと優しい声で「大丈夫だよ~」って言って下さいました。それで心がどれほど安らいだこ とか、ありがとうございました。私が想像してた通りの優しい先生で、スタッフの方たちも優しくして下さいました。横内醫院に手術できる設備があれば、横内 先生に、(すでに小さくなっていましたが)このしこりを取って欲しいと思い、そのことを伝えました。そうしたら、先生の後輩の外科医を紹介して頂き、しこ りだけを取り除いて頂きました。

抗癌剤は絶対に使いたくなかったので、自分の望み通りの治療ができたと思います。手術する前に、1年8カ月ぶりの、CT、 MRI、骨シンチなどの検査をしましたが、やはり少し心配でした。が、そんな心配はよそに漢方薬は、ちゃんと効いていて、どこにも転移もなく、改めてすご いなあと思いました。

私の場合は、横内先生にご縁がなかったら今頃生きてはいないと思います。すでに3年を過ぎましたが、今は癌を忘れて生きさせて頂いています。月に1 度診察して頂き、薬も飲んでいますが、すっかり安心しております。横内先生は、ひとつの癌だけではなく、身体全部を診察してくださるので安心です。

それに怖がりの私には、先生の診断や治療は痛くも痒くもなく本当にありがたいです。普通の病院で横内先生の治療ができて、必要な時は手術もできる西洋医学と、東洋醫学が同じに肩を並べていける病院ができる日が来ることを願っています。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。