快適温度☆アウトラスト☆

昨日は東京で気温が急上昇したかと思えば、ゲリラ雷雨で停電や浸水など、交通網にも影響がでました。

異常気象の影響もあり、今年は猛暑で寝苦しい夜が続きそうですよね。

NASAの特集の雑誌でアウトラストという興味深い記事がありました。

NASAと言えば宇宙のイメージが強いのですが、厳しい宇宙環境でも作業がスムーズに行われたり、

クルーへの負担軽減のために実はさまざまな新素材を開発しているそうです。

例えば、低反発素材もNASAが発端となって 誕生しましたが、アウトラストもそのNASAが作った新素材のひとつです。

 

 

アウトラストは常に32℃前後に温度を保とうとする性質があります。

 

よく、「〇〇ヒート」、「クール〇〇」など、

ファストファッションのブランドや下着メーカーが販売している素材のように熱を放出・蓄積のどちらかを行うのではなく、32度という快適温度に保ってくれるという優れものです。

 

アウトラストは元々、NASAで船外活動など厳しい環境下でも作業を行いやすいようにグローブの素材として開発されたそうですが、

私たちが普段の生活をするこの地球上でもアウ トラストの温度を調節する性質はとても役立ちます。

 

気温・室内温度が40度近くまであがって夏の寝苦しい夜でも、

10度を下回るような凍えそうな冬の寒さで寝れない時でも、

アウトラストは32度前後に保とうとしてくれます。

アウトラストの温度調節機能のヒミツは、 2 ~30ミクロンという小さなマイクロカプセルの中に入った「パラフィンワックス」です。

体 からの余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出するという働きで、

快適な体感温度へとコントロールしようとするからです。

アウトラストを使った肌に触れる肌着や寝具などに使用したものが次々と開発されています。宇宙の科学が詰まった生活必需品です。

最近ではタオルケットや敷きパット、クールビズのためのシャツなど様々な形態で販売され、

売上が伸びているそうです。

私自身も夏は冷感素材の敷きパットを使っていましたが、

インターネットで見てみるといろいろなアウトラストの製品が販売されているので試してみようと思います☆

病気と闘っている時は体を冷やすことは厳禁です。

汗をかくことも大切な体温調整のひとつで、一晩にコップ一杯200cc程度なら問題ありません。

かといって寝苦しい夜を我慢して大量の汗をかいて脱水症状になっても大変ですので、

こういった科学の力の素材を取り入れ、安眠できる環境を整えて体調管理に役立てたいですね。

婦長でした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。