完治すると思っていなかった乳癌が完治(乳癌:女性)

マーガレットの花

私が横内先生のお名前を知ったのは、平成11年9月頃だったと思います。本に癌治療の名 医として紹介されていらっしゃいました。その頃、私は平成9年に乳癌を手術し、2年後の8月、鎖骨リンパ節にしこりが見つかりました。再発の怖さは、病気 での待合室の話などで、いろいろ耳に入っていました。痛みや苦しみが少しでもやわらいで、最後を迎えることができたらと思い、すぐに横内醫院に予約をお願 いいたしました。

ところが、家族に理解してもらうことができなくて、どうしようかと悩みながら、数カ月たってしまいました。当時抗癌剤とホルモン剤を飲んでいまし て、その副作用で、体調はあまり良くありませんでした。これ以上体調が悪くなってしまって、東京まで行くことができなくなったら、最後に後悔するのではな いかと思い、再度家族を説得し、横内先生の診察を受けることができました。

お会いして、その誠実なお人柄に安堵し、帰りの電車のなか、心が軽くなったのを覚えています。最初の薬はとても苦いものでしたが、良薬は口に苦し、 と自分に言い聞かせて飲み続けました。そのうちに薬もかわっていき、だんだん飲みやすくなっていきました。数年たって、先生から「もう薬は飲まなくていい ですよ」とお聞きした時は、嬉しいのと同時に、本当に飲まなくて大丈夫かしら、なんて思ったりもしました。薬を飲まなくて普通に暮らせる日が来るなんて夢 のようで、外出も気軽にできるようになり、心から先生に診ていただいてよかったと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

それからも定期的に先生に診ていただいております。時々体調を崩し、不安をかかえながら東京行の新幹線に乗るのですが、帰りはいつも心穏やかなので す。昨年夏も、風邪をひき、近所の内科医院で診察を受けたところ、咳がひどかったのでレントゲンを撮ってくださったのですが、「影があるのですぐに大きな 病院に行って、CT検査を受けてください」と言われました。そこで早速横内先生にレントゲンを持っていき、診ていただきました。パワーテストで診断、わか りやすく説明していただき、薬も処方してくださいました。おかげで咳もよくなり、今元気に暮らしております。

そして平成22年5月、横内先生より、「乳癌完治ですよ」とお言葉をいただきました。まさか完治が迎えられるとは、ただただ先生に感謝です。

平成11年夏に転移した時、その頃診ていただいていた外科のお医者様は、詳しいことをなにも話していただけず「ようすをみましょう」としか言ってくださらなく、とても不安でしたので、ほかの乳腺外科の先生の診察を受けたのです。

その先生は「しこりが大きくなったら抗癌剤治療をし、小さくすることはできますが、なくなってしまうことはありません。その後も、出てきた症状に合 わせた対症療法しかありません」と言われましたので、完治するとは思っていなかったのです。もう少しだけ元気でいられたら嬉しいと毎日毎日を過ごしてまい りました。

先日、長年の夢であった娘や孫たちと一緒に、初めてディズニーランドへ行ってきました。孫たちの楽しそうな笑顔をみることができて、本当に幸せでし た。この幸せを、そして横内先生のような素晴らしい先生がいらっしゃることを、今病気で悩んでいる方々にお知らせすることができたら、とても嬉しく思いま す。

最後に横内先生、スタッフの皆々さまに、心より御礼申し上げます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。