今日は。。

みなさん。こんにちは。
今日は何の日かご存知ですか?
実はこの質問…
スタッフが院長から時々される質問です。
院長の頭の中はいろいろな知識でいっぱいです!
暦の事や季節に関する事などなど。。
いつも新しい知識を私達に教えて下さいます!

 

新しい知識というより。。。
私達の知識が少なすぎるのかも?^^;
しれないですが。。

 

 

大寒

 

今日は、「大きく寒い」と書いて大寒。大寒という言葉通り寒い朝になりましたね。
2015年の大寒の日は、1月20日です。
その中でも大寒の瞬間、というものがあるそうです。
この大寒の瞬間は、正確に言うと、2015年の1月20日9時43分だそうです。
どのようにお過ごしになりましたか?

 

大寒と言う言葉は二十四節気から来ています。
二十四節気は、昔の暦で、1年を24等分し、24の季節に分けたものです。
その二十二番目が「冬至」になり、昼が一番短くなる日です。
字のごとく、冬の始まりを告げる時期となります。
続いて二十三番目が「小寒」、冬の本格的な訪れとなります。
二十四番目が「大寒」となり、最も寒さが厳しい時期となります。
二十四節気は、太陽の位置に関係するものなので、毎年日にちが異なります。

 

 

24節気

 

 

2015年では、寒の入りは1月5日
小寒は1月6日です。
小寒とは寒さが最も厳しくなる前とか、寒さが加わる頃という意味で、いわゆる『寒の入り』のことでこの日から寒中見舞いを出し始めます。
小寒後15日で大寒に入り、大寒後15日で、寒が明けます。

 

小寒から節分までが寒の内と呼ばれています。
寒の内とは一年の内最も気候の寒い季節のことで、暦の上の寒の内が実際には気温の最も低い季節です。
大寒は『寒の内』の真ん中でもっとも寒い時期をあらわします。

最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっています。武道ではこの頃寒稽古が行われます。

 

また、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれる時期にもあたります。
この時期の水は、1年の中で一番雑菌が、少なく長期保存に適しているというのでお酒や味噌を仕込む時期としても大寒の時期が、良いようです。
寒仕込みと言われ春から夏にむかって発酵や熟成が、進むそうです。

 

また。大寒の朝に生まれた卵は昔から食べると健康に暮らせると云われ、「寒たまご」として珍重されています。
寒さから鶏の産卵数が減る代わりに滋養がたっぷり含まれています。
中国では大寒から5日間「鶏始乳」と呼ばれ、鶏が卵を抱き始める時期とされています。
寒たまごは縁起物とされていて、風水の世界では金運アップの食べ物だそうです。
寒い時期に負けずに頑張る鶏が生んだ生気満ちあふれる卵、養鶏場や卵専門店などで手に入る様ですよ!
機会があればぜひ、食べてみてはいかがでしょうか?

 

寒い日がまだまだ続きますが、暖かくして風邪などひかないようにお過ごし下さい!

Kでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。