世界が注目!光触媒!

「クリーンエネルギー」新聞やテレビでも特集が組まれ、最近、よく耳にする言葉です。

二酸化炭素や窒素酸化物などの環境汚染物質を発生させないエネルギー源を言い、

特に自然界に元々存在して利用後も自然に再生され、資源として減少しないエネルギー源は

「再生可能エネルギー(Renewable Energy)」と呼ばれています。

その中でも、植物の光合成によく似た化学反応を人の手で再現する「人工光合成」は、

人類が長年、抱いてきた地球温暖化や化石燃料の枯渇の問題解決につながる研究として注目されています。

以前、ブログでもご紹介した「光触媒」がテーマです。

横内医院では何年も前から院長が光触媒に注目し、「酸化チタンのスプレー」を院内に隅から隅まで

ご自分でスプレーし、空気を浄化し、抗菌しています。マイナスイオンやオゾン発生器も院内に設置しているので、横内医院は世界一クリーンな空間です。

その光触媒は、さまざまな用途が見込まれている日本が誇る産業のひとつです。

研究が進んで、最近では抗菌だけでなく、抗ウイルス効果の光触媒建築素材も開発されています。

開発材料である銅系化合物の酸化チタンの抗菌・抗ウイルス効果が実証されました。

この材料は、光が当たらない暗所でも抗ウイルス効果を発揮し、感染力のあるウイルスの数は1時間で4桁減少、すなわち、99.99%のウイルスを不活化することができるそうです。

また、可視光(紫外線をカットした白色蛍光灯)を照射したところ、1時間で7桁以上のウイルスを不活化することに成功しました。また、大腸菌、黄色 ブドウ球菌等の抗菌効果についても抗ウイルス効果と同様、暗所での抗菌効果を発揮し、更に可視光の照射でその効果が大きく促進されることがわかりました。

人の出入りが多く、感染症のリスクが高いと思われる空港と病院を実環境として選び、気温・湿度等環境条件の季節変動を考慮するため年間を通した実証試験を行った結果でも、新素材の光触媒は、実環境においても優れた抗菌・抗ウイルス効果を発揮したそうです。

光が直接当たらなくても、抗菌、抗ウイルス効果を発揮してくれるのは、日本の科学の発展は本当に凄いです。

この写真は光触媒で、室内で短時間での野菜、レタスの栽培しています。

病気や天候にも影響されない為、多くの企業でも取り組んでいて、栽培の種類も増えています。

短時間で栽培されるため、栄養素も凝縮されるそうです!!

患者さんの健康を考え、毎日最新の様々な情報を取り入れ、実践している院長は本当に素晴らしいと思います。

今日も何誌も新聞を読み、必要な情報をジャンル分けして整理しています。

「医学は科学だ!!」 「医者は科学者だ!!」  といつも院長は話しています。

教科書がすべてと思わない院長、その考え方に触れ、勉強させていただいている私たちスタッフは幸せです。

戴いたエネルギーや知識を患者さんに還元できるようにします。

婦長でした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。