フラックスシード!

こんにちは!

お盆も明け、横内醫院も本日から診察しております。

先日、院長秘書が『フラックスシード』でできたパンを買ってきて下さいましたのでご紹介します!

 

 

皆さんは、「フラックスシード」をご存知ですか?

和名は「亜麻仁(あまに)の種」。外見や味はゴマに似ています。

アメリカやヨーロッパでは、美容や健康に優れた食品として注目されています。

フラックスシードの歴史は古く、欧州では紀元前の昔から健康に役立つ食品として親しまれていました。9世紀ごろのフランスのシャルルマーニュ大帝は、フラックスシードを食べるように法令化したほど、その健康価値を高く評価していたそうです。(フラックスシードを食べないと法で罰せられるなんて、面白いですね。)

アメリカでは、かつては人気のない食品でしたが、最近はその美容・健康価値が見直され、人気が高まっているそうです。

 

フラックスシードのパン

 

 

フラックスシードは、現代人に不足しがちな栄養素(オメガ3系脂肪酸、リグナン、食物繊維)が豊富で、肥満をはじめとするメタボリック症候群や、心臓病・ガン・糖尿病などの生活習慣病、便秘、腸炎、骨粗鬆症、関節リウマチ、更年期障害、うつ病などの予防・改善に効果的です。嬉しいことに、美肌作りには特に有効なのだそうです!

フラックスシードにたくさん含まれているα-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)は、体内で合成できない必須脂肪酸。これがゴマの160倍以上も含まれています。オメガ3系脂肪酸は、血液をサラサラにしたり、アレルギーの予防や免疫力を高める作用があります。

さらに、細胞膜を保護したり、炎症を抑え、紫外線によるダメージからお肌を守ってくれるそうです。今の季節には嬉しい効果ですね。

 フラックスシードに含まれる「リグナン」は、ポリフェノールの一種で抗酸化力が高く、炎症を緩和する作用がありますので、老化防止、ガン予防、動脈硬化予防が期待できます。

また、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きを持つ成分に変わり、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしたり、骨の生成をサポートする働きがあります。

食物繊維には水溶性と不溶性があり、それぞれ働きが違いますが、フラックスシードには、水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれています。食物繊維は、腸内環境を整え、腸の「ぜん動運動」を促進するので、肌荒れの原因となる便秘を解消します。

また、体内の有害物質を吸着して解毒する働きもあるそうですよ。

なんだかいいことばかりみたいですね(笑)

 

味や食感はゴマや木の実のようでした。そのまま食べるのは少し味気ないかもしれません。

マーガリンやジャムはもちろん。メープルシロップをつけて食べると美味しかったですよ。

みなさんもお店などで見かけたら是非、一度試してみて下さい。

気候も不安定で暑い日々が続きますが、みなさん体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

 Kでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。