バレンタインに手作り豆乳生チョコ。♥。・゚♡゚・。♥。

みなさんこんにちは!^u^

最近お天気が不安定で、雪が降ったり、雨が降ったりだいぶ冷え込んでいますが、
体調は崩されていませんか?
新年を迎えたと思いきや、あっという間に2月になり、節分を終え、4日には立春も過ぎましたね。
もぅすぐあったかくなって、過ごしやすい季節がやって来ます!
それまで、頑張って寒い冬を乗り切りましょう☆

さて、2月のイベントといえば節分!
そしてもう一つ。バレンタインが今週の土曜日にありますね!(^ ^)

バレンタインはとても有名な日ですが、由来やなぜ好きな人にチョコをあげるのかなどはご存知ですか?

時代は3世紀、場所はローマ。皇帝により、若者は兵隊となり戦争に出向き、ただ国のために命を捧げられるように結婚を禁じられていました。愛する家族、守るべき家庭は戦場で戦い抜く意志を揺るがすからです。

キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちを哀れに思い、密かに結婚させていました。皇帝はバレンタインを許すはずもなく、バレンタインは処刑されたのです。

このバレンタインが処刑された日が、2月14日。

時は流れ、200年後のローマ。

2月14日には、独身の男女がくじ引きで付き合う人を決めるというお祭りが行われていました。風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます。そこで選ばれたのが、200年前、恋人達のために命を落としたバレンタインです。

それ以降キリスト教で2月14日は、恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着しました。

日本でのバレンタインデーは、1950年代に入ってから製菓会社やデパートなどで行われたキャンペーンや広告などにより、”女性から愛する男性へチョコレートを贈る日” として定着していきました。

「バレンタインにはチョコを贈る」というのが日本では一般的ですが。。。

そぅ、横内醫院の患者さんや院長の著書などを読まれている方はご存知だと思いますが、一般に市販されているチョコの多くにはガンの餌となる牛乳が使われています。。。。…>_<…

そこで、安心して美味しいチョコを食べられるように、牛乳を使わない美味しい生チョコを作ってみました☆

☆豆乳生チョコの作り方☆

 

10チョコ

 

材料    ⚫︎ダークチョコレート…150g(1袋)

⚫︎無調整豆乳…150cc

⚫︎ココアパウダー…適量

チョコ1

チョコ2
チョコレートは、以前のブログでも紹介させていただいた「モーメント ダーク 72%」です。
スタッフが見つけてくれた美味しいチョコで、私は成城石井さんで購入しました。

 

では、作り方です♪♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

チョコ3
①チョコレートを包丁で細かく刻む。

 

4チョコ
②刻んだチョコレートをボールに入れ、湯せんで溶かす。

 

チョコ5

③チョコレートが完全に溶けたら、レンジで1分ほど温めた豆乳を2~3回に分けて混ぜる。
(熱すぎるとチョコが分離します。70〜78度くらいがベスト。)

6チョコ
よく混ぜ合わせましょう。

 

 

7チョコ
④型にクッキングペーパーを敷き、チョコレートを流し込む。冷蔵庫で1時間〜2時間冷やし固める。

 

 

8チョコ
⑤チョコレートが固まったら、型からはずし包丁で格子状に切る。

 

 

9チョコ
⑥タッパーにココアパウダーと⑤のチョコレートを入れ、チョコレート全体にココアパウダーをまんべんなくまぶす。

 

 

10チョコ
☆出来上がり☆

 

お味は甘さ控えめ、ビターな大人の味です。
甘味が欲しい時は、蜂蜜を入れたり、豆乳を多くして調節してあなたのオリジナル生チョコを作って下さいね!!

ダークチョコは高血圧を下げ、美肌や認知症予防の効果もあるので健康にもおすすめです!!

院長、院長秘書、スタッフのみんなに食べてもらいました。
院長からは「美味しかった!上手!!」我らが母、院長秘書から「すっごく美味しい!!♥」と言っていただき、みんなにも「美味しい!」と喜んでもらえました^^残さず完食していただきとっても嬉しかったです。

私の家の近くのショッピングモールのポスターに、
『 St Valentine’s Day  ありがとうを贈ろう 』
という素敵なキャッチコピーが書いてありました♥
ぜひ皆さんも愛する男性にだけでなく、家族や友人、お世話になっている職場の方に安心して食べられる「手作り豆乳生チョコ☆」感謝の気持ちを込め一手間かけて贈ってみてはいかがでしょうか(^ω^)

きっと喜んでいただけますよ❤︎ 素敵なバレンタインデーをお過ごし下さいね☆彡

 

 

薬局Mでした。

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。