ひな祭り☆彡

この週末は、あいにくの雨となりましたが、今日は晴れて暖かく、すっかり春らしくなりましたね!

さて、明日3月3日は「ひな祭り」ですね!

ひな祭り1

 

女の子の健やかな成長を願い、美しいひな人形を飾ってお祝いする、日本の春の伝統行事です。実はこのひな祭り、もともとは女の子のためのお祭りではなく、邪気が入りやすい季節に「穢れ(けがれ)」を祓うための儀式だったそうです。

日本のひな祭りのルーツは、3世紀前後の古代中国で行っていた風習に基づくといわれています。
中国では、“季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすい”と考えられ、3月最初の巳の日=上巳(じょうみ)に水辺で禊(みそぎ)を行ったり、盃を水に流して自分のところに流れ着くまでに詩歌を読む「曲水の 宴(きょくすいのうたげ)」を行う風習がありました。これがやがて遣唐使によって日本に伝えられ、禊の神事と結びつきます。
当初は、天子(天皇 のこと)をお祓いするための儀式であったものが、平安時代には宮中行事へと変化したといわれています。
川のほとりに男女が集まり、草木や紙などでかたどった人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流す儀式が行われるようになりました。現在でも日本の各地で行われている「流し雛」は、この名残といわれているそうです。

この日が華やかな女性のお祭りとなるのは、戦国の世が終り、世の中が平和になった江戸時代からのことのようです。
徳川幕府によって「上巳の節句(3月3日)」が「五 節句」のひとつに定められ、「人日の節句(1月7日)」「端午の節句(5月5日)」「七夕の節句(7月7日)」「重陽の節句(9月9日)」と並ぶ、重要な 年中行事となりました。

もともと「上巳の節句」は男女の区別なく行われていた行事でしたが、「端午の節句」が男の子の節句として祝われるようになったことに対して、3月3日が女の子の節句として定着するようになったそうです。

 

もともとは穢れを移すための身代わりである形代として使われていた人形(ひとがた)。川に流してしまうことから、素材も藁や紙など質素なものだったそうです。

3月3日

平安時代、人形(ひとがた)とは別に、宮中で幼女が遊ぶ小さな人形(にんぎょう)があったそうで、この人形を使った遊びを「ひいな遊び」といったそうです。

やがて、ひいな遊びの人形(にんぎょう)と、身代わりとなる人形(ひとがた)が結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が誕生。これが、いわゆる「ひな人形」の原型だそうです。
やがて人形作りの技術が発展し、立派なひな人形ができてくると、ひな人形は流すものから飾るものへと変化していきました。

上流階級では、嫁入り道具に豪華なひな人形を持たせるようになり、婚礼の様子や婚礼道具を模したものが好まれるようになりました。
特に江戸時代以降、ひな人形はその家の財力の象徴として華やかさを増してゆき、最初は「内裏雛(だいりびな)」だけだったものから、二段、三段・・・七段と、豪華な雛壇を飾るようなっていきます。あまりの過熱ぶりに、江戸幕府は贅沢を制限する禁令を出したほどだそう。

また、初めは若い娘たちが主役だったひな祭りの行事に、赤ちゃんが加わるようになります。女の子が生まれるとひな人形を用意して、その子の形代と考えて飾り、“どうぞ災いがふりかかりませんように、 また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますように”という願いを込めてお祝いする「初節句」の風習が広まっていきます。

雛人形

 

こうしてひな祭りは、祓いの儀式であったものが徐々に形を変え、女の子の成長と幸せを願うお祭りとなって、庶民の間へ定着していったのだそうです。
春を無事に迎えられたことを喜び、“これからも皆が元気で過ごせますように”と願うひな祭り。
この日を彩る食べ物の数々には、さまざまな願いが込められています。
皆様も菱餅やひなあられ、ちらし寿司などを食べてお祝いされてみてはいかがでしょうか?

受付Tでした☆

当院のご案内

東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビル3階

診療時間

平日 午前10:00~12:30
   午後14:00~16:00
土曜 午前 9:30~12:00

休診日

水曜日・日曜日・祝日

電話番号

03-5386-0205

当院は完全予約制になっておりますのでお電話でご予約ください。

診察内容のご案内

横内醫院は漢方薬を利用し、セカンドオピニオンとしての治療を行っています。当院は完全予約制で自由診療です。

横内醫院について

院長について

スタッフブログ

お手紙紹介

癌に関する情報ページ

横内醫院は癌や不妊症、アトピーの治療のため漢方薬の処方を行っています。
当院は完全予約制ですのでまずはお電話にてご相談ください。